コンテンツへスキップ

個性冴える「野生の白」

違いを楽しむソーヴィニヨン・ブラン 3本セット

セール価格¥11,330

在庫数:1

ソーヴィニヨン・ブランはその弾ける清涼感が一番の特徴。ひとくち飲んで思い浮かぶのは、青々と茂る草木やハーブ、フレッシュな果実たち。鮮烈な若々しさと爽やかさを思いっきり味わうワインセット。

ソーヴィニヨン・ブランとは

シャルドネ、リースリングと並ぶ三大白ブドウ

フランス・ロワール地方やボルドーで古くから造られている白ブドウ品種で、世界の栽培面積はシャルドネについで2位の品種。

世界中の多くのワイン産地で栽培

寒冷な気候だけでなく温暖な地域でも育つ栽培しやすいブドウ品種で、産地によって特徴が異なり幅広い風味を持つ。石灰質の土壌を好み、成長力が強いため、栽培には適切な管理が必要。若い段階では緑色の実を付け、完熟するにつれて徐々に黄金色へ変化する。

酸が豊かで、清涼感のある独特な香り

ソーヴィニヨンブランの最大の特徴はシャルドネにはない個性的な香りで、青草やハーブ、グレープフルーツを思わせるシャープでフレッシュな印象。若々しい香りを引き立てる豊かな酸味とミネラル感溢れる味わいはどこまでも爽やかでハツラツとしている。

こんな料理に…

  • フルーツやハーブを使ったサラダ
  • 刺身やカルパッチョ
  • 天ぷら
  • ハーブを使ったパスタ
  • 魚の香草焼き

ソーヴィニヨン・ブランは、酸味とハーブの香りが強く味のバリエーションが豊富。魚介類や野菜、白身肉や軽めの料理、ハーブを使った料理などとよく合います。

こんな時に…

  • ホームパーティー
  • 軽めの食事
  • キャンプやピクニック
  • ビーチやプールサイド

ソーヴィニヨン・ブランは、フルーティーで軽やかな味わいがあり、カジュアルなシチュエーションや食事とも相性が良いです。春夏の暑い時期や気分をリフレッシュしたいときにも最適です。

魅惑のソーヴィニヨン・ブラン 3本セット

サン・レオナルド社 ヴェッテ・ディ・サンレオナルド

原産地:トレンティーノ・アルト・アディジェ州

アルコール:13%

  • 香りは刈りたての芝生、グレープフルーツ
  • 味わいはキレがあるシャープな酸
  • 緑がかった麦わら色
  • 除梗と破砕後、12時間の低温マセラシオンを行い20日間の低温発酵。酵母と共にステンレスタンクで定期的にバトナージュを行いながら5ヶ月間熟成。清澄、フィルター後にボトリング。
  • 畑は標高100-300mの南東向きで、砂や砂利の多い土壌

サン・レオナルド社

トレンティーノ南部のラガリーナ渓谷にあるアヴィオという街に300haの土地に、1724年グエリエーリ・ゴンザーガ伯爵家によって設立されたワイナリー。実際はブドウ畑はその25haほどの規模で、大半は自然がそのまま残る森林となっている。

大部分が海抜150〜200mの範囲に位置している畑の土壌は様々で、河岸段丘の低い小石の多い区画にはメルローを、砂地の段丘の上の区画ではカベルネ・ソーヴィニヨンやカルメネールを、土壌の特性に基づいて異なるブドウ品種を栽培している。 2015年以降は、すべての畑でビオロジック農法を採用した栽培を行っている。

「我々が作るワインは、この地の長い歴史と伝統を受け継いだ偉大なクラシックワインであり、エレガントで洗練された味わいこそが最も重要だと考えています。」とオーナーのアンセルモ・グエリエリ・ゴンザーガは語る。サン・レオナルド社が目指すものは世界を魅了する「唯一無二の個性を持ったワイン」。

おすすめの料理

ズッキーニとミントのパスタ

イワシの香草パン粉焼き

イナマ社 ヴルカイア・ソーヴィニヨン

原産地:ヴェネト州

アルコール:13%

  • 香りは湿った草、柑橘
  • 味わいはまろやかな酸味とミネラル感
  • 鮮やかな黄色
  • 摘み収穫したぶどうを除梗、破砕。3時間マセラシオンを行い、プレス。ステンレスタンクで発酵、軽くフィルターをかけボトリング。
  • 畑は標高30-150m(南~南西向き)で火山性土壌
  • ラベルは、16世紀の建築家セバスティアーノ・セルリオによる「悲劇用の舞台背景(La Scena Tragica)をモチーフ

イナマ社

1965年、ジュゼッペ・イナマ氏がソアヴェ・クラシコ中央にあるモンテ・フォスカリーノ上部斜面の最良部に畑を購入し設立。

ジュゼッペ氏は自らの経験を信じ研究を続け、最良の畑の樹齢の古いガルガーネガを集め、10年以上試行錯誤を続けていきいきとした豊潤なアロマをもつ世界に通用するレベルのソアヴェ・クラシコを生み出した第一人者となった。発酵前にスキンコンタクトを行う特徴的な醸造方法を採用し、樽を使うものと使わないものと両方を生産しているが、特に樽を使うものはソアヴェとしてはとても深く調和的に造られ、オーク樽の風味を加えることで、柑橘系やミネラルの風味を一層引き出し、華やかで複雑味を持つワインに仕上げていいる。

フォスカリーノの地でソーヴィニヨンの栽培を始めたのはイナマが最初で、現在のイナマのソーヴィニヨンはこの土地のテロワールを表現し、世界のどこにも存在しない個性を持っている。1990年以降、赤ワインの生産も始め、「最高級の赤ワイン造り」にも注力。白ワインだけでなく赤ワインでも高い評価を受けている。

おすすめの料理

白アスパラのビスマルク

アスパラのパニーニ

コルテレンツィオ社 ソーヴィニヨンブラン プライル

原産地:トレンティーノ・アルト・アディジェ州

アルコール:14%

  • 香りはフルーティー
  • 味わいはミネラル感を残したふくよかな酸
  • 緑がかった明るい黄色
  • 18度に設定されたステンレスタンクで14日間発酵(一部のみ大樽使用)、6ヶ月後にステンレスタンクでブレンドされボトリング
  • 畑は標高400-500m、ミネラル豊富な氷堆石土壌

コルテレンツィオ社

1960年に26軒のぶどう栽培農家によってアッピアーノに設立された協同組合ワイナリー。現在は300軒以上の組合によって構成され、所有する畑は300haにも及ぶ。

アルト・アディジェの南部に位置する地域には氷河期の名残が見られる丘陵地帯が広がり、オルトラディジェとバッサ・アテジーナという標高250m~500mに位置するエリアには、さまざまな性質のミクロクリマを持つ畑がある。これらの畑はアルプス山脈によって保護されており、年間1,800時間にもわたって太陽の光が降り注ぐ。また、ガルダ湖からの風や昼間の温暖な気候、果実の成熟時に訪れる夜の涼しさなどが、最高品質のワインを生み出す要因となっている。

※ミクロクリマとは... 小さな地域ごとに異なる気候や気象があることを意味。
例えば、同じ農場でも一部分は他と違う気温や風があることがあり、これがワインの味や品質に影響を与えることがある。

おすすめの料理

ペスカトーレ

山菜の天ぷら

このワインの解説動画はこちら

白ワイン ソーヴィニョン・ブラン
違いを楽しむソーヴィニヨン・ブラン 3本セット セール価格¥11,330
3