コンテンツへスキップ

数々の受賞歴を持つ歴史的ワイナリーが作る
完璧なまでに魅惑的な赤

マストロベラルディーノ スティレマ タウラージ リゼルヴァ 2016(送料込)

セール価格¥16,500

在庫数:2

「この蔵の存在無くして、現在のカンパーニャワインは無かった」
200年以上続く南イタリアの名門中の名門と言われる歴史的ワイナリーが造るタウラージ リゼルヴァ。
骨格のしっかりとした力強い味わいが特徴で、凝縮した果実感と豊かな酸とタンニンも印象深く、複雑みとエレガントさに溢れている。ワイン造りの歴史を脈々と受け継ぎ今やイタリアだけはなく、世界的にトップの評価を受けるまでになったワイナリーの心血を注いで造られた一本。余韻まで完璧に魅惑的なタウラージは、ワイン愛好者にとって恍惚とする味わいに仕上がっている。

タウラージとは?

タウラージとは、イタリア、カンパーニャ州で生産され、「南のバローロ」と呼ばれる程、長熟で力強いフルボディの力強い赤ワインのこと。アリアニコ品種主体で作られる。
一番の特徴は、法定熟成期間が3年も必要だという事で、バローロ並の熟成を経て、ようやく販売できるという厳しい基準を持つ。

受賞歴

2016ヴィンテージ:ワインアドヴォケイトで96点、アントニオ ガッローニで95点、ヴェロネッリで94点、ジェームズサックリングで94点、ワインスペクテーターで92点、ファルスタッフで92点、ビベンダで5グラッポリ獲得

マストロベラルディーノ社

マストロベラルディーノは、1750年代頃からワイン作りの伝統を続けてきた名門ワイナリーで、1878年に創業された。最初は "ベラルディーノ" という名前だったが、2代目のオーナーであるピエトロ氏が "マストロ=名匠" の称号を受けたことから、ワイナリーは "マストロベラルディーノ" という名前に変わった。



国際的なブドウ品種が第二次世界大戦後から近年までカンパーニアに広まり、伝統的な地元品種が国際的な品種に置き換えられる中、ワイナリーの9代目オーナーであるアントニオ・マストロベラルディーノ氏は、カンパーニアのワイン作りの歴史と魅力を守るために尽力。彼は地元のブドウに対する強い情熱を持ち、カンパーニアの "グレコ・ディ・トゥーフォ"、"フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ"、"タウラージ" などのワインをDOCGワインとして格付けに貢献した。



その優れた評判と信頼性は、イタリア政府機関がポンペイの遺跡から見つかったブドウ畑でワインを醸造するプロジェクトを彼に託すほどであり、今やイタリアだけでなく世界中で高く評価されている。彼はまさに現代のカンパーニアワインの礎を築いた偉大なワインメーカーとなった。 マストロベラルディーノのワインは、調和のとれたエレガントな味わいが特徴。豊かなミネラル感と洗練された酸味は料理の風味を引き立て、カンパーニア州の多様な食文化に合わせて楽しむことができる。山と海の幸をたっぷりと使い、素材の味を最大限に引き出す食文化は日本食との共通点も多く、マストロベラルディーノのワインは日本食との相性も抜群。

マストロベラルディーノ社

スティレマ タウラージ リゼルヴァ 2016

原産地:カンパーニャ州

[アリアニコ 100%]

アルコール:13%

  • ガーネット色
  • 香りはクローブなどのスパイス、果実感やタバコを感じる複雑み
  • 味わいも複雑みがあり、ミネラル感とエレガントさ、程よい苦味
  • 醸造は10月下旬から11月初旬に手摘みで収穫し、18~20度で7~8日間の短いマセラシオンの後、50ヘクトリットルのオーク樽と旧樽のバリックで24ヶ月熟成します。ボトリング後に瓶内熟成を30ヶ月行います。
  • 標高、土壌ともに異なる複数の畑のアリアニコを使用
おすすめの料理

3種のチーズのペンネ

ペポーゾ

このワインの解説動画はこちら

マストロベラルディーノ スティレマ タウラージ リゼルヴァ 2016(送料込)
マストロベラルディーノ スティレマ タウラージ リゼルヴァ 2016(送料込) セール価格¥16,500