コンテンツへスキップ

ミネラルとエレガントな酸味が
お料理の旨みを引き立てる

マストロベラルディーノ / フィアーノ ディ アヴェッリーノ

セール価格¥3,630

在庫あり

ローマ時代に既に存在していた古代白品種フィアーノを100%使用した白ワイン。ふくらみのある味わいが辛口ながらも、どこかホッとする味わいです。
洗練された酸とミネラルは、和食同様、山海の幸をふんだんに使ったバラエティー豊かなカンパーニャの食文化ととても相性の良い一本です。

マストロベラルディーノ社

フィアーノ ディ アヴェッリーノ

原産地:カンパーニャ州

ヴィンテージ:2022

[フィアーノ 100%]

アルコール:12.5%

  • 淡い麦わら色
  • 香りは柑橘、ハーブ、ヘーゼルナッツ
  • 味わいは丸みのある豊かな酸、パワフルな骨格に果実味と心地良い苦味を感じる
  • 畑はアヴェッリーノ県マノカルツァーティ、モンテファルチョーネ。平均標高400m、南東向き、色々なものが混ざった土壌。平均樹齢15年。
  • 醸造は10月初旬に手摘みで収穫。16~18℃に設定されたステンレスタンクにて20日程の発酵。ボトリング後に数か月の瓶内熟成を行う。
おすすめの料理

フェンネルのサラダとスパゲッティ

シーザーサラダ

マストロベラルディーノ社

マストロベラルディーノは、1750年代頃からワイン作りの伝統を続けてきた名門ワイナリーで、1878年に創業された。最初は "ベラルディーノ" という名前だったが、2代目のオーナーであるピエトロ氏が "マストロ=名匠" の称号を受けたことから、ワイナリーは "マストロベラルディーノ" という名前に変わった。



国際的なブドウ品種が第二次世界大戦後から近年までカンパーニアに広まり、伝統的な地元品種が国際的な品種に置き換えられる中、ワイナリーの9代目オーナーであるアントニオ・マストロベラルディーノ氏は、カンパーニアのワイン作りの歴史と魅力を守るために尽力。彼は地元のブドウに対する強い情熱を持ち、カンパーニアの "グレコ・ディ・トゥーフォ"、"フィアーノ・ディ・アヴェッリーノ"、"タウラージ" などのワインをDOCGワインとして格付けに貢献した。



その優れた評判と信頼性は、イタリア政府機関がポンペイの遺跡から見つかったブドウ畑でワインを醸造するプロジェクトを彼に託すほどであり、今やイタリアだけでなく世界中で高く評価されている。彼はまさに現代のカンパーニアワインの礎を築いた偉大なワインメーカーとなった。 マストロベラルディーノのワインは、調和のとれたエレガントな味わいが特徴。豊かなミネラル感と洗練された酸味は料理の風味を引き立て、カンパーニア州の多様な食文化に合わせて楽しむことができる。山と海の幸をたっぷりと使い、素材の味を最大限に引き出す食文化は日本食との共通点も多く、マストロベラルディーノのワインは日本食との相性も抜群。

このワインの解説動画はこちら

マストロベラルディーノ / フィアーノ ディ アヴェッリーノ
マストロベラルディーノ / フィアーノ ディ アヴェッリーノ セール価格¥3,630

Customer Reviews

Be the first to write a review
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)
0%
(0)